YouTube

Youtubeで再生回数を増やす8つのポイント

投稿日:

YouTubeへの動画投稿を始めてみると、思った以上に再生されなくて驚いた経験はありませんか?

 

YouTubeを見ていると「簡単にアクセスを稼げそう」と思うこともあるかもしれませんが、ただ動画を挙げるだけでは再生されません。

一見楽そうに撮影している売れっ子YouTuberでも、見えないところでは私たちの知らない攻略法を持っています。

実際にこれらの方法を試した結果、平均再生回数が千回程度のチャンネルで再生回数を十数万再生までもっていくことができました。

 

そこで今回はYouTubeで再生回数を増やす8つのコツについてまとめてみました。

手っ取り早くYouTubeの再生回数を増やすならこちら

 

YouTubeで再生回数を増やす8つのコツ

  • サムネイルは見やすさを重視
  • タイトルにキーワードを必要なだけ入れる
  • 説明文をしっかり書く
  • タグを設定する
  • 定期的に投稿する
  • SNSからの集客を行う
  • 動画内でチャンネル登録・高評価をお願いしますを必ず入れる
  • 自分の撮りたい動画じゃなくて視聴者が見たい動画を作成する

 

こちらの8つのコツをおさえておくだけでも再生回数はグンと伸びます

意外とYouTube始めたてであれば知らないことも多いのではないでしょうか?

動画の内容にかかわらないことで再生回数を増やせるコツばかりなのでぜひ参考にしてみてください。

ビジネスでYouTubeを活用することはもちろん、YouTuberとしても食べていけるようになるためには必須のポイントばかりです。

 

サムネイルは見やすさを重視

YouTubeを始めたばかりだと凝ったサムネイルを作ろうとして、かなり力を入れる人も多いかもしれません。

しかしサムネイルはあまり凝りすぎるとかえって再生回数は増えません

サムネイルで一番重要なのは見やすさです。

 

「どの動画を見ようかな」と迷っているとき、ほぼ全てのYouTube視聴者がサムネイルを見て動画を視聴するかどうかを決めます。

 

ただ「目立つサムネを作ろう!」と考えるのもいいのですが、あまりに凝りすぎると、かえって見にくくなるので注意が必要です。

特に文字数と色使いには注意しましょう。

 

ただ難しいことは考えずに、最初のうちは文字数はできるだけ少なく、色は「赤」「青」「白」「黒」のみを使うだけでOKです。

 

 

【はじめしゃちょーさんの動画】

 

【ヒカルさんの動画】

 

トップYouTuberの方たちの動画を「人気動画順」に並べてみると分かりますが、文字数は少なく、使っている色の種類も少ないです。

文字は多いと、文字の大きさが小さくなって見えにくくなってしまいますし、色使いが多すぎるとぱっと見で目立っても読みにくくなってしまいます。

 

タイトルにキーワードを必要なだけ入れる

タイトルにはキーワードを必要なだけ入れるようにしましょう。

YouTube側は「タイトルにキーワードを多く入れた方が見つけられやすい」と公言していることからも、再生回数を増やすのにタイトルは大事です。

 

例えば「チョコレート」に関する動画を投稿する場合は「チョコレート」のキーワードだけでなく「バレンタイン」や「カカオ」など動画に関係するキーワードをできるだけたくさん入れるようにしましょう。

 

3つ想定して入れたキーワードの内1つでも興味を持ってもらえれば、動画を見てもらいやすくなります。

 

説明文をしっかり書く

意外と手を抜きがちなのが、動画の説明文です。

ふだんYouTubeを見ていて、動画の説明文を見る人も少ないかもしれませんが、説明文はYouTube側へのアピールにも繋がります。

 

YouTube側はあなたの動画のタイトルと説明文を見て、あなたの動画がどういう動画なのかを判断します。説明文を書かないとYouTube側はどんな動画なのか理解してくれません。

 

しかしキーワードを散りばめるなどして、より詳しく説明文を書いていれば、YouTube側は「この動画はこの人におすすめできるな」と判断し、視聴者のおすすめ欄にあなたの動画を載せてくれます

 

例えば「チョコレートを作る動画」で説明しましょう。

説明文に「バレンタイン」のキーワードがあるだけで、YouTube側は「バレンタインに興味のあるユーザーにおすすめできる」と判断します。

そうすると、あなたの動画は「バレンタイン」に興味のある視聴者へリーチしやすくなり、自然と再生回数も増えやすくなります。

 

ただし動画のオチになるような内容は動画が見られなくなる原因となってしまいますので、入れないようにしましょう。

 

タグを設定する

タグを設定すると関連動画に載りやすくなるので、再生回数を増やしたいならタグの設定は必須です。

 

「自分の名前」や動画のタイトルと説明文に載せている「キーワード」は最低限入れておきましょう。

タグを設定することで、同じタグを設定している動画の関連動画に載りやすくなります

 

多く設定すればするほど、再生回数も増やしやすいので、思いつく限りのキーワードを設定しましょう。

ちなみにヒカキンさんのある動画は34個もタグが載っていました。

例)
ヒカキンさんの動画
「【家賃3倍】ヒカキン新居紹介ツアー2019!【引越費用?000万円】」のタグ

ヒカキン\ヒカキンtv\hikakintv\hikakin\ひかきん\ひかきんtv\ユーチューバー\YouTube\YouTuber\商品紹介\おもちゃ\オモチャ\玩具\動画\ビートボックス\Beatbox\ボイパ\ヒューマンビートボックス\ボイスパーカッション\レビュー\引っ越し\新居\マンション\家\まるお\もふこ\猫\ねこ\ネコ\家具\2019\引越し\引越\自宅

 

「おもちゃ」というキーワード一つを設定するにしても「オモチャ」や「玩具」などひらがな・カタカナ・漢字で設定するのが良いです。

また自分の名前を入れておくことで、あなたの動画を見た後、関連動画にあなたの動画が表示されやすくなるので、一度見つけてもらえれば、他の動画も見てくれやすくなります

 

定期的に投稿する

YouTubeで再生回数を増やすなら定期的に動画を投稿することも大切です。

 

定期的に投稿することは

  • チャンネル登録数の増加
  • YouTubeからの評価UP

などのメリットがあります。

 

再生回数を増やすにはファンを増加させることが大切です。

そのためチャンネル登録者を増やして、あなたの動画を全て見てもらえるのがベスト。

しかし定期的に更新していないと、あなたのチャンネルをチェックしに来てくれた視聴者は「今日は更新してないんだ」とガッカリして帰ります。

ガッカリ感を与えすぎると、次第にあなたの動画への気持ちも薄れてチャンネル解除につながりかねません。

そして一度チャンネル解除したチャンネルを再登録してもらうのはかなり難しいです。

 

また定期的に更新しているチャンネルはチャンネル登録者数が少しずつ伸びていきますのでYouTubeからの評価が上がります

しかし1ヶ月以上も更新されていないと、YouTube側からの評価が下がってしまい、上位表示されることが分析されています。その結果、検索からの表示もだんだん下位に埋もれてしまいます。

 

毎日更新がベストですが、難しいようであれば毎週土曜に更新するなど、定期的に更新して視聴者に定期的にアップロードしていることを伝えることが大切です。

 

SNSからの集客を行う

YouTubeを見ている人は必ずしもYouTubeのページから見ているわけではありません。

最近はTwitterやFacebookなどのSNSで紹介されて、そこから動画を視聴するという人も少なくないです。

 

バズる動画はほぼすべてSNS経由の視聴が多いといっても過言ではありません。

可能であればチャンネル専用のアカウントを作って、動画更新のお知らせやファンとの交流をおすすめします。

YouTube自体も視聴者との交流を測ることが、チャンネル向上につながると発表しています。

 

SNSであなたの動画を広めてくれるファンがいれば、普段YouTubeを見ない人にもあなたの動画を見る機会が作れますし、毎日更新できなくてもファンにあなたの存在をアピールできるので、身近に感じてくれやすいです。

 

あなたに興味がなくなってしまえば、登録解除⇒再生回数が増えないといった負のスパイラルに陥ってしまいます。

ファンをつなぎとめて、再生回数を増やすためにもSNSからの集客はおすすめです。

 

動画内で「チャンネル登録・高評価をお願いします」を必ず入れる

YouTubeで再生回数を増やすなら、チャンネル登録者数と高評価の増加が重要です。

そのためにも動画の終わりに一言でも「チャンネル登録と高評価をお願いします」の一言を入れましょう

 

「なんか媚びてるみたいで嫌だ」と思う人もいるかもしれませんが、今のYouTubeを見ていると「おはよう」と同じくらい入れてるのが当たり前なので、それほど視聴者は気にしていません。

 

また人間は言われないと動かない生き物ですので、動画の終わりに一言言っておくだけでも効果はあります。

そもそも効果がなければ多くのYouTuberがチャンネル登録と高評価を促すわけがありません。

 

「チャンネル登録」の一言を見れば、動画終わりに「登録しようかな?」と一瞬でも視聴者に考えさせることができるので、固定の動画で構わないので、チャンネル登録を促す動画を入れましょう。

 

自分の撮りたい動画じゃなく、視聴者が見たい動画を作成する

YouTubeを見ていると「自分のやりたいことを自由にやっていて楽しそうだな」と思うかもしれません。

あなたのやりたいことと視聴者の見たいことがマッチしていれば別ですが、あなたのやりたいことをやっているだけの動画は間違いなく再生回数が増えません

 

「世間の人はどういう動画を見たいのか?」
「自分にやってほしいことは何だろう?」

など視聴者の目線に立って動画を作るのが大切です。

 

「もっとこうすれば視聴者に分かりやすいかな?」など今あなたが上げている動画の中にも必ず改善点が見つかります。

 

定期的に更新しながら「これはウケなかったな」「こっちはウケたけどいつもと何が違うんだろう?」と動画を振り返して今後につなげることこそがYouTubeで再生回数を増やす近道といっても過言ではありません。

 

YouTubeの再生回数を増やすなら買うのもおすすめ

今回紹介した再生回数を増やす8つのコツに気をつけながら動画を投稿していけば、必ず再生回数は増えていきます。

 

ただ今回紹介したコツを守りさえすれば、今すぐトップYouTuberになれるわけではありません。

YouTubeはどれだけ良い動画を出しても、広まらなければ再生されませんし、10回再生の動画など、再生回数が少ない動画だと敬遠されてしまうこともあります

 

そのため「今すぐにでもチャンネルを強くしたい」「1個1個の再生回数を増やしたい」という場合は再生回数を買ってブーストさせるのもアリです。

 

トップYouTuberの中にもチャンネル開設当初は再生回数を買ってブーストさせる方も多く存在します。

再生回数の多い動画があれば、チャンネル登録者数増えやすくなりますし、そこから定期的に更新すればファンも固定されてくるでしょう。

同じ動画でも10回再生の動画と1万回再生の動画であれば、見てもらいやすさは天と地の差があります。

 

メディアブーストではYouTubeの再生回数を買うこともできますので、再生回数を増やしたいのであれば、購入を検討されてみるのもおすすめです。

 

YouTubeの再生回数を買うならこちら

-YouTube

Copyright© メディアブースト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.